充電の減りが早いなと思ったら

2020.06.13

こんにちは!
アイアップ小田原駅前店です。

みなさんはiPhoneを使っていて、「何だが充電する回数が増えたな」とか「前までは一日使えていたのに今はモバイルバッテリーが無いと使えない!」
など思った事はありませんか?

安心してください。

それはごく自然な事です。
iPhoneは「リチウムイオンバッテリー」というバッテリーが使われています。
これは使っている年数が長いほど劣化していくものなのです。

バッテリーには現在ある充電値(画面右上に表示されているやつ)の他に、バッテリー自体の最大容量というものがあります。

自身のiPhoneのソフトウェアがiOS11.3以降であればこちらも確認する事が出来ます。

お使いの端末のiOSのバージョンを確認するには、
設定➡一般➡情報
から確認でき、システムバージョンが、11.3以上であることを確認してください。
もし11.3以下の場合ですと、ソフトウェアのアップデートが必要です。
必ずバックアップを作成したうえで
設定➡一般➡ソフトウェアアップデート
からアップデートをしてください。

それでは実際にバッテリー最大容量を確認してみましょう。

設定➡バッテリー➡バッテリーの状態
から確認が出来ます。

設定アプリを開いて「バッテリー」をタップ
「バッテリーの状態」をタップ
最大容量を確認!

ここに表示されているバッテリー容量はバッテリー自身の容量になっています。
かりに数値が90%だったとしましょう。
その場合、買った当初つまり、使い始めの時から、10%分バッテリーが劣化していることになります。

純粋に考えると、この状態でバッテリーを100%まで充電をした場合、体感的には購入時に90%まで充電された状態で使用していると言う事です。

これを改善するためには、バッテリーを交換するしかありません。

当店では、iPhoneのバッテリー交換修理を受け付けています。

当店でバッテリー交換される方の大半が、上記最大容量が80%前半から80%以下の方が多いです。

もちろんこれは数値的な問題なため、使われている方の体感的な部分も関わってきます。

90%でもバッテリー交換が必要なケースもあったり、逆に80%前半だけどまだまだ大丈夫!って方もいらっしゃるので、数値はあくまで一つの基準となります。

バッテリー交換価格は機種によって異なるのでお電話でご相談を頂くか、WEBサイトをご参考下さい。
所要時間は40~60分程となります。

是非、お気軽にご相談下さい!

iPhone修理のアイアップ
小田原駅前店

0465-444-717

9月18日(金)11:00~19:30まで営業

  • 小田原駅 東口より徒歩5分
  • 大雄山線 緑町駅より徒歩6分

〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-10-17

googleマップで開く(別タブ)

2020年9月の営業日カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

…休業日